調査企画 - コミックマーケット87 一般参加者調査レポート

株式会社日本文化観測所 メグスリノキ編集部(本社:東京都千代田区、編集長:矢川亮)が運営する日本文化情報サイト「メグスリノキ」は、平成26年12月28日〜30日までの3日間にわたって東京ビッグサイトで開催されたコミックマーケット87(C87・コミケ)の会期中に、会場を訪れた一般参加者男女291人を対象に、「コミックマーケットへの一般参加」に関するアンケート調査を行いました。

3日間で56万人(コミックマーケット準備会発表)という来場者数を誇るコミックマーケットは、参加者自身ですら全容を捉えることが難しい規模に到達しています。日本最大、そして世界最大の同人イベントであるコミケとは、どのようなものなのでしょうか。
56万人の来場「客」がいるのではなく、56万人で作り上げるイベントであるコミケについて、日本文化観測所は調査を実施いたしました。

■調査結果

[何人で参加したか]
複数人数(2人以上)で参加する方は8割以上。一方、1人での参加は2割程度に留まっています。

コミケにおいて、大人数で参加する理由の大半は、人気サークルの同人誌や大手企業の限定グッズを手に入れるためのようです。人気のサークル・企業の待ち行列は、短くて30分、長いものでは数時間待ちの長さに到達します。これを1人で回ろうとすると、目的のモノを全て手に入れることは不可能ということになります。
そこで、コミケに慣れている参加者は、行列でロスする時間をカバーし合うために複数人数で参加します。お互いの欲しいものを頼みあい、効率よくコミケを楽しんでいるのです。

お祭り感を楽しみたくて友人達と参加した、というグループもいらっしゃいました。
コミケの参加者数の増加とメディア露出につれて「お祭り感を楽しみたい」という参加動機が生まれ、新たなニーズが生まれようとしているのかもしれません。

(調査結果)  図1参照
1人で参加 20.91%
2人で参加 47.27%
3人で参加 20.00%
4〜5人で参加 1.82%
6〜10人で参加 7.27%
11人以上で参加 2.73%

図1

図1

今回の調査結果について、日本文化観測所Webサイトにてレポートを掲出するとともに、日本文化情報サイト「メグスリノキ」にて一般参加者のスナップショット写真とともに編集長 矢川亮のコメントを掲載しております。

■調査概要
方法 : アンケート調査
調査期間:2014年12月28日(日)~12月30日(火)
対象:全コミックマーケット87の一般参加者 男女110組・291名

なお、詳細については、Slideshareの下記ファイルに掲出しております。